シンガポール【チャンギ空港からJEWEL(ジュエル)への行き方】子どもと初めての海外旅行

旅行

チャンギ空港に新しくできたJEWEL(以下、ジュエル)。

新しい施設なので空港についたら、まずいってみようと思っている方も多いんじゃないでしょうか。

この記事では
・チャンギ空港からジュエルまでの行き方
・ジュエルに行ってみた感想

について書いています。

スポンサーリンク

シンガポール チャンギ空港直結 [JEWEL(ジュエル)とは?]

ジュエルは2019年4月17日、チャンギ空港にオープンした施設です。

屋上プールで有名なホテル「マリーナベイ・サンズ」を手掛けた建築家モシェ・サフディ氏によるものです。

最大の見どころは人工滝!
高さ40m、天井から地下2階まで続いています。

皆さん行く前からワクワクしてますよね。
着いてからもきっとテンション上がると思いますよ!

シンガポール [チャンギ空港からJEWEL(ジュエル)への行き方]

そんなジュエルですが空港から近いと思っていたのですが、実際に歩いてみると思っていたより遠かったです。
(T1ターミナル到着ならすぐ)

うちの場合、スーツケース+子どもがいる状態で荷物が多いので大変でした。

スーツケース×2をトロリー(カート ) にいれて、それを押しつつ、子どもの抱っこしながら…という感じで歩きます。

フリープランで行ったので、スーツケースを引き取ってもらえるわけでもなく、ホテルまでは自分たちで持っていく必要がありました。

なのでジュエルに行くときも、ずっとスーツケースを持ったままです。

一応お伝えしておくと、有料ですが1階に免税手続きカウンター、荷物預かりカウンターがあります。

僕たちが行った時は着いてすぐだったので利用していませんが、飛行機のアーリーチェックインカウンターもあります。

ジュエルへのアクセスはどのターミナルから行くかによって変わると思いますが、今回はT3→ジュエルで説明します。

T3ターミナルから、T1にあるジュエルまでは距離があります。

画像1 ジュエルへ向かう通路
画像1 ジュエルへ向かう通路

案内に従い、エレベーターで上に上がり、画像1の通りに進みます。

空港にJEWELの名前が見えたので、もうすぐそこなんだ!と思いましたが…

画像2 ジュエルロゴ
画像2 ジュエルロゴ

そのあと、また別のロゴが見えてきます。(画像2)

そこから通路をひたすら歩きます。
ただ、がむしゃらに歩きます。
どんどん歩きます。

画像3 通路
画像3 通路

外が見えてくるともう少しです。
もうジュエルが見えてますね。
でもまだ距離があります。

画像4 通路からのジュエル外観
画像4 通路からのジュエル外観
画像5 通路からのジュエル外観
画像5 通路からのジュエル外観
画像6 ジュエルへの道
画像6 ジュエルへの道

これが見えたらあと少し。

画像7 トロリー禁止
画像7 トロリー禁止 一方通行になっていてこちら側からは入れない

さあ、ようやく入口に着きました!

ところがココ (画像7) をトロリーで入っていこうとしたら、係員に止められました。

係員「ヘイ、ユーたち、ノー、トロリーノー!トロリーではここから入れないよ~」

え?ここまで来て、トロリーだめ?
これだけの距離を歩いてきて、まさか返してこいと?

でも中にトロリーでウロウロしてる人たち見えてますけど…

ちゃんと話を聞くとトロリーは L1(1階) から入らないといけないようです。

ジュエルから空港側に出る時はそのまま出ていいみたいです。
ようするに一方通行ですね。

画像7のすぐ左にエレベーターがあるのでそこからL1(1階)に降りましょう。

画像8 案内図
画像8 案内図

というわけで、ちゃんとトロリーを押したまま入れますのでご安心を。

シンガポール [JEWEL(ジュエル)内]

画像9 入ってすぐのところ
画像9 入ってすぐのところ

通路を抜けると最初に竹林がお出迎え。
もうこの時点で少し滝の音が聞こえてます。

画像10 入ってすぐのところ
画像10 入ってすぐのところ

印象はキューズモールとか、イオンのようなショッピングモールと同じ感じです。

営業時間は24時間となっていますがほとんどの店が10時~24時までです。

ジュエルは円形に店がズラーっと並んでいて、中央に人工滝が配置されています。

画像11 クッキー店
画像11 クッキー店

白を基調としたクッキーのお店や…

画像12 日本食のお店
画像12 日本食のお店

日本食の店なんかもありました。

画像13 滝への通路
画像13 滝への通路

だんだんと滝の音が大きくなってきたと思ったあたりで、中央に進む道があります。
引き寄せられるようにそちらへ…

気付くと速足になっていました。

シンガポール [JEWEL(ジュエル)の人工滝]

シンガポール チャンギ空港 [JEWEL(ジュエル) 人工滝1]
通路から人工滝へ
画像14 人工滝
画像14 人工滝 すぐ側をトラムも通っている

この人工滝の正式名称は 「HSBC レイン・ボルテックス(HSBC RAIN VORTEX)」

吹き抜けの天井から流れ落ちる滝の迫力にみんな足を止められます。

座ってボーっと眺めてるだけで癒されます。

ほんとに時間を忘れます。

滝の周りには熱帯樹木がたくさんあり、ちょっとした植物園のよう。

実はここは「資生堂フォレストバリー」といって、資生堂がメインスポンサーです。

シンガポールに行かれる方はぜひ見ていってください。

とにかく時間に余裕を持った状態で行くことをおすすめします。
気づくと時間が過ぎてます。

シンガポール チャンギ空港 [JEWEL(ジュエル) 人工滝3]
人工滝

人工でもマイナスイオンが出ているのか、はたまた、そこにいる人がマイナスイオンを出すのか…
とにかくこの滝を見てると癒されます。

滝が好きな人だけでなく、カップル、ファミリー、万人におすすめの場所です。
お子さんも大喜びすると思いますよ。

近くに寄ると少し水しぶきがかかる場所もあります。
それくらい間近にこの滝を見られます。

画像15 人工滝
画像15 人工滝

気付けば必要以上にスマホでパシャパシャ撮ってると思います。
普段カメラ撮らない人でも撮りたくなるんじゃないでしょうか。

ジュエルを訪れた人、滝の画像だけやたら枚数が多い説。

画像16 滝を見てはしゃぐ娘
画像16 滝を見てはしゃぐ娘

娘のテンションもMAXです。
注意しないと見失っちゃうくらいあっちこっち走り回ります。

スーツケースとか、カバンとかまとめてトロリーに置いてるので荷物を気にしつつ、走る子どもを追いかけつつ、滝の周りでぐるぐる追いかけっこです。

小さいお子さんと行く時は、ほんとによく見ておかないと迷子になるので、しっかり見てあげてくださいね。

滝に見とれて、いつの間にやら子供が横にいないなんてことになりかねません。

画像17 何かをもらった娘
画像17 何かをもらった娘

途中、係員らしきスーツ姿の人が娘に何かくれました。
手に持っているのがそうです(画像17)。

画像18 小さいライト
画像18 小さいライト いくつか色に種類があり、もらったのは赤色のもの

どうやら子どもだけがもらえる物らしく、指にはめて使える小さいライトです。

娘はもらえるものはもらう主義なので、ライトつけてキャーキャー喜んでました。

ここで、上の階からも見られることにようやく気付きます。

JEWEL(ジュエル) [上の階に行きたい!]

さっき、来る途中の通路にエレベーターがあったはず!
さあ行きましょう!

画像19 通路のエレベーター
画像19 通路のエレベーター NO TROLLEYS

…はい

「先生からここで皆さんに残念なお知らせがありますー。
 エレベーターは上がってるけど一気にテンション下がるぞー、気をつけろー 」

NO TROLLEYS

え?先生、よく聞こえない?

「もう~仕方ないなー、もっかい言うぞー耳かっぽじってよく聞きなさいー」

「NO TROLLEYS」

先生!そういう冗談よくないと思います。

「残念ですが、先生は本気です。冗談なんかじゃありません!」

遠く離れたこの地で、せっかくこんな滝があってみんな上から楽しそうに滝を見ている。

自分もあそこへ行きたい。

上へ、行きたい!

「NO TROLLEYS」

orz…ああ、なんということでしょう。

もうね、だれか10分、いや、5分でいいからスーツケースを見ていてくれませぬか…

何卒、何卒、ご慈悲を…

「NO TROLLEYS」

はい、もういいですね…、すみません。
ほんと、ショックが大きかったです。

あまりに悔しいので、どこかほかの場所からなんとかいけるんじゃないかとぐるぐる探しましたが他のエレベーターも同じです。

ここにスーツケースなどを持ってきた場合はお金払って預けるしかないようです。

画像20 他のエレベーター
画像20 他のエレベーター 同じく NO TROLLEYS

JEWEL(ジュエル) [すぐ下には滝の見えるフードコート]

画像21 フードコート

下の階はフードコートになっていて、食事や飲み物が売られています。

中央には滝が流れているので、時間がある方はここで休憩すると、筒の中を流れる滝をじっくり見られます。

ただ、滝に近い席は取り合いです。

JEWEL(ジュエル) [人工滝のライトアップ]

画像22 人工滝ライトアップ
画像22 人工滝ライトアップ

そうこうしているうちに気づけば人工滝がライトアップされていました。

周りも、自分たちもテンションが上がります。

「上に行けないって言ってたのに上から写真撮ってるじゃん(画像22)」という方
はい、その通りでございます。

どうしても、上から見たくて結局、妻と入れ替わりで見に行くことにしました。

その際、妻から言い渡されたミッションは
[スーツケースと娘を同時にみているのは難しい。どうしても行くなら娘と2人で]
[あと、なるはやで!]の2つ。

合点承知の助!!

どうしても見たかったので、娘と一緒に行きました。

ここで、娘からもミッションが出されます。

「抱っこ~」

よーし、かかってこい!抱っこ星人。
パパには負けられない戦いがあります。

というわけで、抱っこしながら撮ったのが画像22です。

ちなみに上の階は通路も細いので、正直、抱っこしながら撮影とか危ないです。

小さいお子さんと上の階に行く際は注意してください。

画像23 人工滝ライトアップ 緑
画像23 人工滝ライトアップ 緑

ちなみにライトアップされる色は、一定時間ごとに変化していきます。

画像24 人工滝 ライトアップ 紫
画像24 人工滝 ライトアップ 紫
画像25 人工滝ライトアップ 青
画像25 人工滝ライトアップ 青
シンガポール チャンギ空港 [JEWEL(ジュエル) 人工滝7]
ライトアップ後

気付けば、どんどん、どんどん人が増えてきます。

あたりもすっかり暗くなり、時間も思っている以上に過ぎていて、娘が「お腹すいたー」と連呼しはじめたので移動しようとしたそのタイミングで滝のライトアップが消えました。

次の瞬間、音楽とともにプロジェクションマッピングのショーが始まりました。

ガッデム!
はじまりの部分は撮れませんでした。

シンガポール チャンギ空港 [JEWEL(ジュエル) 人工滝8]
プロジェクションマッピング

夜になるにつれ、どんどん人が増えてるなと思ってたんですが皆さん、コレを見たくて集まってきていたんですね。

自分たちはプロジェクションマッピングがあることも知らなかったのですが、偶然見ることができました。

後から調べたら19:30-24:30の間、1時間毎にやってるそうです。
何回もしてくれるのは嬉しいですね。

シンガポール [JEWEL(ジュエル)に行ってみた感想]

断言します
マリーナベイ・サンズの「スペクトラ」を遠くから見るくらいならジュエルのプロジェクションマッピングを見るほうが絶対にいいです。

もちろん、スペクトラも近くで見ると迫力あると思いますよ。

今回、僕たちは各店舗をゆっくりと見ることは出来ませんでしたが、280店舗くらいあるので、買い物が好きな方はジュエルだけで一日過ごせると思います。

次回、シンガポールに来たらジュエルはまた絶対に行きたい場所です。

また、僕たちが来たこのタイミングでは残念ながら、まだオープンしていなかった
最上階[キャノピー・パーク]

もうオープンしているので、これからシンガポールへ行く方はジュエルに行く楽しみがさらに増えますね。

帰りの飛行機を深夜便にして、最終日はゆっくりジュエルで買い物。
人工滝のライトアップとプロジェクションマッピングを見て、ご飯を食べて日本へ帰る…

今度はそんな感じのプランで、ゆっくり再訪できることを願います。

シンガポールではWi-Fiルーターあるとないとでは大違い

ガラケー使ってた昔と違い、今はスマホでいろいろ調べたりアプリをフル活用したりしながらの旅行が常識です。

無料のWi-Fiスポットが増えているとはいえ、どうしても使える場所が限られてしまうので、その度に移動が止まってしまい時間がもったいない…

Wi-Fiルーターを持ち歩くことでタクシーの中だろうが地下鉄だろうが、常時ネットが使えるのはやっぱり快適!

そしてシンガポールでGrabタクシーを利用するならWi-Fiルーターは必須です。

海外でルーターを利用していると、大容量プランにしていても気付けばあっけなく上限を過ぎていたりします。

旅行中も常にパケットの上限気にしつつだと、旅行そのものが楽しめなくなります。

少々お値段は上がりますが、割り切って利用上限なしのプランを選べば気にせず使えます。

1台借りれば複数台同時接続できるので、友達や家族とシェアできます。
そう考えると、むしろ海外で自由にネットが使える環境を考えると割安ですよ。

事前予約しておけば、日本の空港で出発直前にレンタルできるのでシンガポールに限らず海外に行く際はおすすめ。

ちなみに今回、僕が利用したのはWi-HO!(ワイホー)

もちろん無制限プランです。

ワイホーを選んだ理由は単純。
無制限プランの中では他と比較して一番安かったからです。

Wi-Fiルーターはあるとないとでは大違い。
あった方が断然、海外を楽しめます。

それでは快適なシンガポールの旅を!



⠀⠀

ジュエルのそばには有名店の「スープレストラン」があります。

また、ジュエルの人工滝からエスカレーターで降りて、すぐ左手に進んだところにGrabタクシーの乗り場があります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました